Latest Posts

保険見直しのデメリット

保険見直しをすることはもちろん、先々のために必要なものですし見直すことで節約ができたりマネープランを策定することができたり不測の事態に備えられるようにもなります。しかし、見直すことで全て良い状態になるわけではないことを理解しておくことが必要です。

まずは保険の知識をきちんと理解しておかなければ、ファイナンシャルプランナーや保険窓口の窓口での相談員の話の損得をきちんと理解することができません。相談すればすぐに解約や新規契約をすれば良いのではなく、本当に適切な保険であるのか考えて家計のマネープランや家族の価値観や考え方と合うもの出会うのかを確認する必要があります。また、相談する相手によって主観やその人の考え方が含まれており、それが自分の家計への考え方と会うかはわかりませんし実際に保険を用いる際に不満が出ないとは限りません。

そこで、自分自身が家計の見直しや保険についての知識を身につけるだけでなくセカンドオピニオンを得ることも有効です。ファイナンシャルプランナーや保険の相談員には、自分と同じような金銭感覚や将来設計、マネープランをする人もいますし、人によって勉強してきたことの内容や経験も異なります。やはり自分が「この人に相談したい」と思える人との出会いは重要ですから時間がかかっても納得のできる見直しができるよう、妥協せずここには時間をかけましょう。

保険見直しの必要性

保険の見直しをすることは、家計の見直しになります。多くの人が保険に加入してから時間が経つと生活環境が変わるものです。家族が増えていたり、給与が変わっていたり、住まいの形態が貸家から持家に変わったりといった状況が出てくるものです。そのような変化があると、医療保険や生命保険の内容に変更が必要になることがほとんどです。

家族が増えている場合には、世帯主に何かあった時の保障内容や受け取る保険金が適切であるか確認しておく必要がありますし、仕事の状況が芳しくなく収入が不安定になっていたり給与が減給されている場合には保険料を節約して他にお金を回したいと思うこともありますし、持ち家の場合には団信に加入するので保険金が少なくても良くなることもあります。このように状況が変われば適切な保険が変わるのです。

特に保険料の支払いが難しい状態に陥った場合、途中で保険を解約してしまうことは受けられるはずだった補償も受けられなくなりますし保険金も受け取れなくなります。そこで保険を切り替えることで今まで支払っていた保険料を無駄にせずに済むようになるのです。このように定期的な見直しをすることで保険料の節約にもなりますし困った時に本当に困らない保険料や補償を受けられるようになるのです。

保険見直しを検討

お金はいくらあっても困らないものです。何をするのにもお金は必要ですし、最近では不況や金融不安によって、終身雇用制も崩れつつあります。正規雇用で働ける人も限られていますしボーナスがもらえなかったり減給されたりといったこともあります。それだけでなく、企業が倒産することもありますから常に同じ会社で安定した給与をもらい続けることができるとは当たり前のことではなくなりました。そのため、万が一の時に備えて既婚未婚問わず誰もが計画的に貯蓄をしたいと考えるようになりました。

しかし、満足に給与がもらえない人も多い中で誰もが毎月しっかりと貯金ができるだけの給与をもらえているかというとそうではありません。生活するのにはお金がかかるものですし、生活費を切り詰めてもその分不測の事態で交際費が発生することもあります。そこで、生活費の節約だけでなく根本的な固定費の見直しを行う人が増えています。

固定費は家賃や通信費、保険料といったものが含まれるため見直しをすると月々の節約額も大きくなりますし年間の節約額はかなり大きなものになります。そこで、最近では固定費の見直しを薦められる場面が多くあります。特に、保険については近年価格競争や新規顧客獲得のために新しい商品が販売されることも増えており、加入した時よりもお得な商品が出ていることもあるのです。しかし、安易に保険料が安くなるからと保険見直しをすると思わぬ落とし穴に落ちることがあります。そこで、ここでは保険見直し時に気をつけるべきこととデメリットについて紹介をしていきます。