保険見直しを検討

お金はいくらあっても困らないものです。何をするのにもお金は必要ですし、最近では不況や金融不安によって、終身雇用制も崩れつつあります。正規雇用で働ける人も限られていますしボーナスがもらえなかったり減給されたりといったこともあります。それだけでなく、企業が倒産することもありますから常に同じ会社で安定した給与をもらい続けることができるとは当たり前のことではなくなりました。そのため、万が一の時に備えて既婚未婚問わず誰もが計画的に貯蓄をしたいと考えるようになりました。

しかし、満足に給与がもらえない人も多い中で誰もが毎月しっかりと貯金ができるだけの給与をもらえているかというとそうではありません。生活するのにはお金がかかるものですし、生活費を切り詰めてもその分不測の事態で交際費が発生することもあります。そこで、生活費の節約だけでなく根本的な固定費の見直しを行う人が増えています。

固定費は家賃や通信費、保険料といったものが含まれるため見直しをすると月々の節約額も大きくなりますし年間の節約額はかなり大きなものになります。そこで、最近では固定費の見直しを薦められる場面が多くあります。特に、保険については近年価格競争や新規顧客獲得のために新しい商品が販売されることも増えており、加入した時よりもお得な商品が出ていることもあるのです。しかし、安易に保険料が安くなるからと保険見直しをすると思わぬ落とし穴に落ちることがあります。そこで、ここでは保険見直し時に気をつけるべきこととデメリットについて紹介をしていきます。