保険見直しのデメリット

保険見直しをすることはもちろん、先々のために必要なものですし見直すことで節約ができたりマネープランを策定することができたり不測の事態に備えられるようにもなります。しかし、見直すことで全て良い状態になるわけではないことを理解しておくことが必要です。

まずは保険の知識をきちんと理解しておかなければ、ファイナンシャルプランナーや保険窓口の窓口での相談員の話の損得をきちんと理解することができません。相談すればすぐに解約や新規契約をすれば良いのではなく、本当に適切な保険であるのか考えて家計のマネープランや家族の価値観や考え方と合うもの出会うのかを確認する必要があります。また、相談する相手によって主観やその人の考え方が含まれており、それが自分の家計への考え方と会うかはわかりませんし実際に保険を用いる際に不満が出ないとは限りません。

そこで、自分自身が家計の見直しや保険についての知識を身につけるだけでなくセカンドオピニオンを得ることも有効です。ファイナンシャルプランナーや保険の相談員には、自分と同じような金銭感覚や将来設計、マネープランをする人もいますし、人によって勉強してきたことの内容や経験も異なります。やはり自分が「この人に相談したい」と思える人との出会いは重要ですから時間がかかっても納得のできる見直しができるよう、妥協せずここには時間をかけましょう。